にんにく等の臭いの強い料理を食べた後の口臭対策

食べ物の中には、強烈な臭いを出すものも少なくありません。
ニンニクやニラ、コーヒーなどが代表的です。
ではこれら臭いの強い料理を食べた後の口臭対策について、いくつかご紹介します。

ニンニクを使った料理を食べたとき、ニンニクに含まれるアシリンが臭いの元です。
これは口や胃だけにとどまらず、吸収されると血液に流れ全身からほのかに臭います。
アシリンに対抗するのが緑茶です。
料理を食べながら緑茶を飲むと、吸収が半減されると言われており、効果が期待できます。
ニラについても、ニンニクと同様アシリンが含まれていて原因は同じです。
従って、ニラを使った料理を食べるときも、合間に緑茶を飲むと良いでしょう。
よってニンニクやニラを使った料理を外食で食べる場合、お店に緑茶があるかどうか店員さんに訊いておくのがポイントです。
緑茶以外には牛乳も良いと言われています。
ただし、餃子に牛乳、ニラレバ炒めに牛乳の組み合わせは、一般的に好まれないと思います。
コーヒーについては、飲んだ後コップ一杯程度の水を飲めば、臭いは和らぎます。
併せて、これらの飲食の後に歯磨きやうがいをすれば、より口臭予防の効果が上がるでしょう。

これら以外にも強い臭いの食材は有ります。
アシリンの様に吸収を緩和する対策が必要な食材は、個別に調べる必要があります。
ただ概ね共通しての対策は、食後に水分を多く摂ることです。
食材に対応する市販のサプリメントを飲むことももちろん有効です。