寝起きの臭い息は治る?朝の口臭対策についてご紹介

寝起きの口臭は通常の口臭よりも強い臭いを出すときがあります。
もし隣に大切な人が一緒に寝起きしているとしたら、自分の息の臭いは気になりますね。
果たして、息が臭うと言われてしまったら治るのでしょうか。
ここでは朝の口臭対策についてご紹介します。

口臭は口内の様々な原因、或いは胃腸などの消化器系の様々な原因で起こります。
特に寝起きでは、就寝したのちに口内の細菌は繁殖した状態が起床するまで放置となり、口臭は最大となります。
また就寝前にお酒を飲むと、肝臓で分解されるとき臭いを発して、起床したとき口臭が最大となります。

このように、就寝時は口内や胃腸への対策が出来ないのです。
従って対策としては寝る前に行うしかありませんが、その方法は次のようなものがお勧めです。
一つは、寝る直前に歯磨きを丁寧に行うことです。
歯を隅々までよく磨き、その後水でよくすすげば、繁殖する菌の絶対量を減らして口臭を最低限に抑えることが出来ます。
もう一つは、寝る前のアルコールやその他の飲食を控えることです。

なお、寝る前の歯磨きが習慣化出来ない人は、最低限コップ一杯の水を飲むようにしましょう。
そうすれば口内の水分を補って、菌の繁殖を緩和できます。
また、胃の中の臭い成分を薄める効果も期待できます。

蛇足ですが、唾液の分泌量が少ないことも口臭の元になります。
上奥歯の位置にある唾液腺をマッサージすることで、寝ているときの分泌量を増やす方法も試す価値ありです。