コーヒーを飲むと臭くなる?口臭対策のための飲み方

コーヒーを飲むと口臭がするという説があります。
しかしコーヒーの香りそのものは、不快に感じる人は少ないと思います。
では飲むとなぜ口臭となるのか、そのメカニズムと対策について考えてみましょう。

コーヒーには酸味があるものがありますが、これはその名の通り酸性成分です。
酸性は口内でバクテリアを発生させ、臭いの元となります。
また、含まれるカフェインは胃酸を多く出す成分です。
過剰に出た胃酸は胃壁を荒らす原因になり、これが消化不良に繋がって口臭の元になります。
更に、コーヒーの焙煎成分が舌に着きやすく舌苔となって臭いの元になります。

ただし、これらはコーヒーを飲むとすぐにその状態になるのではありません。
数時間以降、或いは数日常飲することで口臭がするようになると言われています。
また人によって個人差がありますので、飲み続けても消化不良を起こさない人はいると思います。

対策としては、コーヒーを飲んだ後に水を飲むのがお勧めです。
これなら口の中でバクテリアが発生する前に成分を洗い流せますし、胃の中でカフェインが薄められ胃酸の過剰分泌を抑えることが出来ます。
舌苔については、定期的に鏡で舌に白く苔状のものがないかチェックして、あれば歯ブラシでこすって落とすようにすればOKです。

このようにコーヒーは、飲んで時間が経つと口内や胃の状態変化によって臭いの元になり得ます。
従って、人と会う予定があるときは、上記のような対策を習慣付けましょう。