口臭対策あなたも必要?自分の口内環境をチェックしてみよう

口臭は言わずもがな自分が吐く息のため、自覚できないものです。
知らず知らずのうちに、実は悪臭が出ていたということも少なくありません。
そのため客観的な方法で、あなたも定期的に自分の口内環境をチェックしてみましょう。

口内の悪臭の原因となるものは、主に二つあります。
一つは歯周病です。
これは歯周ポケットに食べ物などが入り込んで、これを放置するとやがて有害なガスが発生します。
これが原因で歯肉が炎症を起こし、歯肉炎となりますが、実はこれが歯周病の初期症状なのです。
歯肉炎は、痛みを感じることがないためそのままにしておく人もいますが、放置すると歯周病になり悪臭を放ちます。
もう一つは虫歯です。
虫歯で空いた穴に食べ物が詰まって、菌がこれを分解する際に悪臭を発します。
更に虫歯は進行すると神経が腐食して、悪臭を発します。

このように、口内における悪臭の原因は、すぐにその状態になるのではなく、じわじわと進行していくのです。
そのため、歯周病と虫歯の兆候を見逃さないのが大切です。
歯肉炎については、日ごろから鏡を見て、或いは口内に意識を集中して歯茎が腫れていないかを確認しましょう。
虫歯については、自分では確認しづらいため、歯医者さんに虫歯予備軍がないか診てもらいましょう。

なお、舌に白い苔状のものが着いている場合も、口臭の原因となることがあります。
ただし、こちらは歯ブラシで簡単に除去できますので発見したらやってみてください。