虫歯による口臭対策ならやっぱり歯医者へ行くのが一番?

口臭の原因の一つに虫歯があります。
すでに虫歯になっている人は、歯磨きをしても食生活を改善しても、サプリメントを摂取しても予防することは出来ません。
では、虫歯による口臭は歯医者に行くのが一番なのか、その是非を考えてみましょう。

まず、虫歯による口臭のメカニズムを紐解きます。
空いた穴に詰まった食べ物は、歯磨きで除去できる可能性があります。
ですが取り切れないものは、空いた穴に食べ物が詰まって臭いの元となりますので、歯磨きの前に爪楊枝などで除去した方が現実的です。

また、虫歯が進行して神経が腐食して臭いを発します。
神経が腐食し臭いが出るものは、人と会う直前によくうがいをする事で、短時間ですが緩和できそうです。
虫歯による出血で口から血の臭いが出る、出血による血の臭いも同様です。

このように、虫歯であっても歯医者へは行かず、暫定的な方法で口臭そのものは予防、緩和することが出来ます。
ただし、これらは食後の歯磨き以上に頻繁に行うことになり、非常に手間と言えます。
ところで、ここで考えたいのは、虫歯は病気の一種ということです。
口臭以前に、虫歯が進行すると激しい痛みに見舞われたり食事が出来ないなどの状態に陥ります。
歯医者に行けないほど多忙な人は、前述のような方法で口臭を予防するのはやむを得ないと思いますが、いずれ治療は必要です。

従って、虫歯による口臭は歯医者に行くのが一番かどうかは、暫定的に口臭を予防する方法はあるものの、根本的な解決には治療が一番だと言えます。