口臭対策は大人の常識?身につけておきたい方法まとめ

口臭を予防するのは他人合うときのエチケットの一つです。
特にビジネスシーンでは気を付けたいため、大人の常識として日ごろから身につけておきたい口臭対策を考えてみたいと思います。
ただその前に、そもそも何故口臭がするのか、その原因を知る必要があります。

歯周病によるもの、虫歯によるものや舌苔によるもの、食事によるものなどです。
歯周病と虫歯については、歯周ポケットや虫歯の穴に入り込んだ飲食物のたんぱく質を分解して臭いの元になります。
舌苔については、舌の表面にこびりついた飲食物や劣化細胞が細菌によって分解されることで臭いの元になります。
食事については、飲食物が胃で消化される際に臭いを出すため口臭となります。
では、これらを踏まえて口臭の予防方法にはどんなものがあるのでしょうか。

歯周病については、通常の歯ブラシ磨きだけでは奥歯の歯周ポケットや歯間を磨くことが難しいため、専用歯ブラシや歯間ブラシを使って個別に磨くようにします。
すでに虫歯がある場合は、歯医者さんで治療しましょう。
舌苔については、舌を鏡で見て表面に白い苔状のものが付着していたら歯ブラシで取るようにします。
食事については、飲食物が3~5時間で消化されますので、これを目安に人と会う時間を調整します。

このように、口臭は日常生活の中で漫然と歯磨きをするだけでは予防することが難しくなります。
一歩踏み込んだ意識を持って上記のような方法を習慣付けることが肝要です。